※今日は18禁PCゲームの話です

※ネタバレが全くないわけではない

※真面目です





【更新履歴】
2014/8/7  記事作成
2014/9/24 パッチ出ましたね




【概要】
――なにげない日は、なにしよう
ことり

発売日:2014年7月25日
PULLTOPより発売
公式サイト





【ストーリー】
季節は変わり、そして冬になる

あたたかい話をしよう。

夢のつづきの、しあわせなハッピーエンドの物語。

この冬休みは、碧と小鳥ふたりきり。
トビウオ荘でむかえるクリスマス、そして一緒の年末。

なにげない日常と、ささやかな幸福が織り成す、
ゆったりとした甘い同棲生活。

「なにげない日は、なにしよう?」



【構成】
korogte1
見ての通りでカレンダーにあるトピックスを選んでいくことでその日に起きたことを見ていける。
選択数に制限はなく分岐も一箇所だけ。
ヒントもあるのでコンプは苦労しないでしょう。
1~2時間もあれば終わる。



【シナリオ】
本編とFDの間の話で冬休みに『トビウオ荘』に残ることになった碧と小鳥ちゃんの生活が描かれる。
なので他のキャラは原則登場しません。台詞上だけでの登場に。
題材にもなってるソアリングもほぼ関わらないと言っていい。

可もなく不可もなく。
本当に『なにげない日』が描かれるだけなのでまさしくミニFDといったような内容。
これまでのストーリーの補完要素もささやかなものでそこに期待するものでもない。



【絵・演出】
立ち絵がなんと3D
背景も3Dなのでこれでもう紙芝居だなんて言わせないぜ的な。
3Dモデルは結構よくできてるんじゃないかと。

ただ、一部で表示が乱れることがあってそこが不満っていうか、パッチはよって感じなのだけど、この不具合がもともとの不具合なのか自分のパソコンとの相性的なものなのかがわからない。
今のところパッチが出る気配がないので自分のパソコンの問題である可能性が濃厚。
パッチで修正されました。つまり俺は悪くなかった。



他にも音声がバイノーラル録音が採用されていて
『ステレオ録音では表現しにくい、耳元で囁いたり、遠くで呼びかけたりする距離感や、後ろや上下に回り込んだりという位置関係を、より現実に忠実に再現』(公式)
といった感じのものです。
全体的に距離感が近くこそばゆい感覚。イヤホン推奨。


CGも物によってはモーションイベントムービーで動いたりしておりいちいち凝ってる。


というように特にだからといって何かある訳ではないけど絵や演出はリッチです。



【エロ】
意外と多くて11回。
相手は当然ながら小鳥ちゃんのみ。



【付属のドラマCDなど】
思ったより切りどころなかったので割愛。



【統括】
korogte2

これ単体で評価してもなと思うので評価も割愛。

ということでADV部分に関しては感想通り。
値段を考えたらこんなもんでしょう。
5000円+αはこのADV部分だけでなく付属のドラマCDやサントラ込みでの値段だということは考慮すべき。
小鳥ちゃんが好きで新しいイベント見たいなら買っとけってところ。

シリーズ通してに軽く触れておくとなかなか良いシリーズでした。
本編に関してはルートの落差があるけどもメインヒロインは外さない作りだったし、小鳥ちゃんに至っては属性や記号で塗り固められたキャラ造形ではないのでそれだけで新鮮だった。
ちょっと頑固なところもあって、時には反発するし、そこそこにワガママ。
でも誰よりも情熱はあって、段々打ち解けてくれて、それでも頑固なところは変わらないけれどそんな小鳥ちゃんが甘えてくるところは悶える。
少しだけリアリティ上げたところでの「彼女にしたい子」ってこんな感じと切に思ったり。
あんまエロゲやったことない人でもすんなり入れるし、読み慣れた人でもこの作品の正攻法な青春っぷりには逆に新鮮さを感じることが出来るはず。オススメ。

 

他エロゲ感想